クリック365の税制優遇措置

くりっく365では3つの税金優遇措置があります。

1.申告分離課税で一律20%

くりっく365で得た利益は申告分離税の対象となる雑所得となるので先物取引と同様の扱いになります。

雑所得は区分によって課税方法が変わります。

雑所得は日経225、商品先物、くりっく365による「先物取引」が申告分離課税の対象となり、公的年金やくりっく365を除くFX取引は総合課税となり、給与取得などのほかの所得と合算します。

くりっく365などの先物取引の所得は発生した利益から売買手数料など売却に必要な経費を差し引いて算出します。

先物取引では差金決済で実際に生じた利益だけが課税の対象となります。

まだ決済していないものは含み益があった場合でも課税対象となりません。くりっく365が税金で優遇されているのは一定の税率である点です。

所得によって税率は変動するのですが、くりっく365の税金は申告分離課税なので所得にかかわらず一率して20%の税率となります。

2.他の取引所の上場先物取引との損益通算が可能

くりっく365の損益は先物取引の利益に限って相殺(損益の通算)をすることができます。

つまり、商品先物取引である日経225や商品先物取引とくりっく365で、損益を通算できます。

くりっく365で利益がでているけど、日経225で損失がでた場合は、くりっく365の利益からと日経225の損失を差し引いた利益が課税対象額となるのです。

くりっく365で利益が出ても、その他のFXや上場株式等の損失とは相殺できません。

このようにくりっく365は税金での優遇措置がとられているのです。

3.3年間の損失繰越控除が可能

2の損益通算でも、その年に控除できなかった損失額があった場合、翌年から3年間に渡って繰り越して利益から控除することができます。

この繰越は確定申告を行って初めて有効になります。

また、このくりっく365の税金の優遇措置を受けるためには損失の出た年以降も継続して確定申告を行う必要があるので注意が必要です。

 

関連記事

未分類

マエストロFX

2012年4月2日

投資で儲けたい。FXだけで生活したい。など相場を経験すると、そう考える人ガたくさんいます。 そして、その理想を […]...

続きを読む

» 未分類

Statistical data collected by Statpress SEOlution (blogcraft).