FXで利用するテクニカル指標は?

FXでの取引ではテクニカル指標を使って、売買タイミングを計るわけですが、1つの指標だけでは、心もとなく心配です。

なので、複数の指標をを組み合わせて使用することが重要です。

1個の指標だけでは、騙しにも合いやすいので、複数の指標を組み合わせるわけです。

しかし、あまりにも多くの指標を組み合わせ過ぎると、かえって混乱することにもなります。

FX初心者の場合は、ローソク足や移動平均、 そしてストキャスティクスの3つ程度で始めるのが無難ですね。

また、それでも不安な方は、パラボリックを追加してもも良いでしょう。パラボリックで上昇と下降の転換点が見極めましょう。

FXを始めると、いろんな書籍を買って、勉強します。ある本には、ストキャスとMACDを薦めていた。また、ある書籍には、RSIとボリンジャーバンドを薦めていたり、本を読むにつれ、チャートに登録する指標が増えているではないでしょうか?私もそうでした。

こうなってくると、チャートがごちゃごちゃ、頭が混乱して、タイミングを見失いがちになります。

ですので、まず、基本的な、ローソク足、移動平均、 ストキャスティクスの3つに絞り、これらがちゃんと使いこなせるようになってから、次の指標を増やしたり、利用しているものを減らしたりして、調整していきましょう。

関連記事

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

未分類

マエストロFX

2012年4月2日

投資で儲けたい。FXだけで生活したい。など相場を経験すると、そう考える人ガたくさんいます。 そして、その理想を […]...

続きを読む

» 未分類

Statistical data collected by Statpress SEOlution (blogcraft).